ビッグバナー広告

大相撲は年間何場所ある?名前、順番、場所を総ざらい!

シェアする

大相撲は年間何場所ある?

19年ぶりの日本出身横綱が誕生したこともあり、相撲についてテレビや新聞、ネットで目にする機会が増えていますよね。

どの場所もチケットを入手することが難しいことからも相撲人気が伺えます。

そんな相撲ですが、1年間に何場所開催しているかご存知ですか?

今日は知っているようで知らない本場所について紹介していきますね。



相撲場所は1年に何場所ある?

相撲場所は1年間に6場所あります!

奇数月の1月、3月、5月、7月、9月、11月に行われます。

偶数月は地方で巡業を行っています。

相撲場所はどこで行われている?

大相撲は、東京の両国国技館だけでなく、大阪・名古屋・福岡でも開催されます。

地方場所と呼ばれていますね。

大阪は3月、名古屋は7月、福岡は11月です。

相撲部屋は首都圏にあるので、大阪・名古屋・福岡で行われるときは移動しないといけません。

関取は好きなときに好きな方法で移動しますが、幕下以下の力士、親方衆、行司や呼び出しら約200名は全員同じ新幹線で移動します。

この新幹線のことを「相撲列車」と呼びます。

「相撲列車」については、こちらで詳しく書いています。

もうすぐ2017年春場所が始まりますね。 19年ぶりの日本出身横綱である稀勢の里はもちろん、新入幕を果たした宇良など関心が高まっている...

毎年同じ時期に力士たちは移動するので、それぞれの場所の風物詩になっているようです。






相撲場所のスケジュール

開催月 1月 3月 5月 7月 9月 11月
正式名称 一月場所 三月場所 五月場所 七月場所 九月場所 十一月場所
通称 初場所 春場所 夏場所 名古屋場所 秋場所 九州場所
開催地 東京 大阪 東京 愛知 東京 名古屋

東京(1月、5月、9月)

東京では、両国国技館で行われます。

『両国国技館』
住所:〒130-0015 東京都墨田区横網1丁目3番28号
電話番号:03-3623-5111

大阪(3月)

大阪では、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で行われます。

『エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)』
住所:〒556-0011 大阪市浪速区難波中3-4-36
電話番号:06-6631-0121

愛知(7月)

愛知では、愛知県体育館で行われます。

『愛知県体育館』
住所:〒460-0032 名古屋市中区二の丸1-1
電話番号:052-971-2516

福岡(11月)

福岡では、福岡国際センターで行われます。

『福岡国際センター』
住所:〒812-0021 福岡県福岡市博多区築港本町2-2
電話:092-272-1111

昔から本場所は6場所だったの?

現在、本場所は年間6場所ですが、昔はもっと少なかったようです。

現在の相撲の源流とされているのは、「勧進相撲(かんじんずもう)」です。

相撲会所(いまの相撲協会)が作られ、公許勧進相撲が始まったのは貞享~元禄時代で、当時は年一、二回を原則として3月(春場所)または10月(秋場所)に本場所を開催していました。

その後、場所数は以下のようにいろいろ変わりましたが、昭和33年からはずっと6場所です。

・昭和2年~昭和7年 4場所
・昭和8年~昭和18年 2場所
・昭和19年 3場所
・昭和20年 2場所
・昭和21年 1場所
・昭和22年~昭和23年 2場所
・昭和24年~昭和27年 3場所(東京2場所+大阪場所)
・昭和28年~昭和31年 4場所(東京2場所+大阪2場所)
・昭和32年 5場所(+九州場所)
・昭和33年~ 6場所(+名古屋場所)

まとめ

・本場所は年に6場所ある
・奇数月の1月、3月、5月、7月、9月、11月に行われる。
・開催場所は、東京(1,5,9月)、大阪(7月)、愛知(9月)、福岡(11月)
・時代とともに場所数は変化したが、60年前からはずっと6場所

以上、『大相撲は年間何場所ある?名前、順番、場所を総ざらい!』でした!

↓ランキングに参加してます!
現在「相撲部門」で3位争い中です!クリックお願いします!

相撲 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク