相撲についていっしょに学ぼう!

*

稀勢の里が稽古で11針縫うケガ!明日から稽古再開予定!

      2017/07/26



横綱・稀勢の里が11針縫うケガ!

横綱・稀勢の里が11針を縫う怪我をしたと報じられています。

報道によれば、怪我をしたのは3月6日の午前中です。

稀勢の里は、大阪府大阪市港区にある田子ノ浦部屋で出稽古にきていた平幕・嘉風との稽古でカゲをしました。

嘉風の頭がぶつかり、左目の上(眉毛付近)が約2センチ裂傷し、血が胸にまで飛散したようです。
師匠の田子ノ浦親方によりますと、応急手当のあと近くの病院で11針縫ったそうです。

稀勢の里は「けがのうちに入らない。みはほぼゼロ。」と話し、7日以降も稽古を続ける考えを示しました。

最初の報道では頭を縫ったとなっていましたが、頭ではなく、目の上だったようですね。
なにはともあれケガなので怖いですね。

実は稀勢の里は4年前にも同じ箇所を裂傷したことがあるそうです。
裂けやすくなっていたのかもしれませんね。

怪我をしてしまった稀勢の里ですが、2場所連続優勝に向けて上り調子なようです。
「だいぶ体が動いている。体も仕上がってきた。かなり当たれている」と話した声は明るかったようなので少し安心しました。

平成29年春場所は3月12日(日)からです。
どうか無事に初日を迎えて欲しいですね。

以上、『稀勢の里が稽古で頭11針縫うケガ!明日から稽古再開予定!』でした。

↓ランキングに参加しました!
現在「相撲部門」で2位争い中です!クリックお願いします!

相撲 ブログランキングへ







 - 力士情報, 相撲 , ,