ビッグバナー広告

2017年3月場所の取組結果!優勝は稀勢の里!十両優勝は豊響!

シェアする



2017年3月場所(平成29年大阪場所)の結果!

平成29年3月場所も終わってしまいましたね。

千秋楽の平均視聴率は24.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、過去10年で3番目に高い数字となりました。
また、瞬間最高視聴率は33.3%でした。

そんな日本中が見守った千秋楽、新横綱・稀勢の里がケガをしながら見事な逆転優勝をしました!
見ていた私も思わず涙ぐんでしまいました。

それでは、平成29年3月場所の結果を紹介していきますね。

幕内優勝は横綱・稀勢の里!

今場所の幕内優勝は新横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)でした。
新横綱が優勝したのは、貴乃花以来22年ぶりだそうです。

稀勢の里は13日目の日馬富士戦で肩の怪我をしました。
そして、14日目の鶴竜戦も敗れてしまいます。

この時点で、照ノ富士(大関・伊勢ヶ濱部屋)が13勝1敗、稀勢の里は12勝2敗でした。

迎えた千秋楽は稀勢の里と照ノ富士の取組でした。
この取組で稀勢の里は見事勝利。

そして、優勝決定戦。
国技館は異常な雰囲気につつまれました。

この優勝決定戦でも稀勢の里は勝利し、見事優勝しました。

「君が代」斉唱の際の稀勢の里の男泣きが忘れられません。

来場所は東の正横綱に就きます。
次の場所で優勝し、3連覇となりますと1937年夏場所の双葉山以来、80年ぶりの偉業になります。
稀勢の里の様子を見ていると、成し遂げてくれそうですね。





十両優勝は豊響!

 十両優勝は豊響 (西3枚目・境川部屋)でした。

幕下優勝は阿炎!

 幕下優勝は阿炎(東16枚目・錣山部屋)でした。
 全勝での優勝でした。お見事です。

三段目優勝は玉金剛!

 三段目の優勝は玉金剛(西35枚目・片男波部屋)でした。
 全勝での優勝でした。

序二段優勝は若山!

 
 序二段優勝は若山(東32枚目・阿武松部屋)でした。

序ノ口優勝は一山本!

 
 序ノ口優勝は一山本(東15枚目・二所ノ関部屋)でした。





平成29年3月場所の三賞力士は?

殊勲賞は高安!

殊勲賞は高安でした。
文句なしの活躍でしたね。
12勝3敗でした。兄弟子・稀勢の里とともに大活躍の場所となりました。

敢闘賞は貴景勝!

今場所の敢闘賞は貴景勝でした。

技能賞は該当なし!

今場所の技能賞は該当なしでした。

↓ランキングに参加中です!
現在「相撲部門」で5位争い中です!
2位になって喜んでいたらいつの間にか下がっていました…。クリックお願いします!

相撲 ブログランキングへ







スポンサーリンク