相撲についていっしょに学ぼう!

*

平成29年名古屋場所(2017年7月場所)の休場力士一覧!横綱・稀勢の里、鶴竜、遠藤が休場!

      2017/07/26



平成29年7月場所の休場力士一覧

平成29年名古屋場所の休場力士をまとめました。
※最終更新 7月20日

▽幕内

・稀勢の里(東横綱)(田子ノ浦部屋)6日目~
・鶴竜(西横綱)(井筒部屋)4日目~
・照ノ富士(東大関)(伊勢ヶ濱部)6日目~
・遠藤(西前頭・三枚目)(追手風部屋)5日目~

平成29年7月12日に鶴竜、14日に稀勢の里が欠場することが発表されました。
詳しい内容は、後述しています。





▽幕下

 ・旭日松(西・筆頭)(友綱部屋)7日目~10日目,13日目~
 ・中園(西・十一枚目)(二所ノ関部屋)初日~

▽三段目

 
 ・出羽鳳(西・十枚目)(出羽海部屋)初日~
 ・琴の秀(東・十五枚目)(琴の秀部屋)9日目~ 
 ・大清峰(西・十九枚目)(芝田山部屋)初日~ 
 ・翼雄星(西・二十六枚目)(芝田山部屋)初日~
 ・八菅山(西・三十七枚目)(芝田山部屋)初日~
 ・倉橋(東・七十五枚目)(浅香山部屋)初日~6日目
 ・北勝芯(東・八十五枚目)(八角部屋)初日~
 ・因幡城(西・八十七枚目)(境川部屋)初日~
 ・謙豊(西・八十八枚目)(時津風部屋)初日~
 ・徳田(東・九十五枚目)(武蔵川部屋)5日目~10日目





▽序二段

 ・白虎丸(東・十六枚目)(立浪部屋)3日目~6日目
 ・鰤乃里(東・二十四枚目)(千賀ノ浦部屋)初日~
 ・突光力(東・二十五枚目)(荒汐部屋)11日目~
 ・栃天翔(西・三十五枚目)(春日野部屋)初日~
 ・雲仙岳(西・六十三枚目)(境川部屋)初日~
 ・磐梯山(東・七十一枚目)(式秀部屋)初日~
 ・石原(西・七十二枚目)(二所ノ関部屋)3日目~
 ・西村(西・七十三枚目)(武蔵川部屋)11日目~
 ・琴誠剛(西・七十七枚目)(佐渡ヶ嶽部屋)初日~
 ・福湊(東・八十八枚目)(湊部屋)7日目~
 ・貴神龍(西・九十七枚目)(貴乃花部屋)初日~
 ・鶴大輝(西・百七枚目)(井筒部屋)初日~
 

▽序ノ口

 ・栃岐岳(西・六枚目 (春日野部屋)初日~12日目
 ・魁心鵬(東・七枚目)(友綱部屋)初日~
 ・北薩摩(東・十六枚目)(千賀ノ浦部屋)初日~
 ・播磨灘(西・二十三枚目)(尾上部屋)初日~
 ・大海原(西・二十四枚目)(錣山部屋)初日~

横綱・稀勢の里はやっぱり休場!

横綱・稀勢の里は名古屋場所6日目の7月14日から休場することを発表しました。

師匠の田子ノ浦親方によると、左足首の靱帯損傷で全治3週間です。

今場所は、初日に新関脇・御嶽海に敗れました。

春場所で痛めた左上腕などの負傷が影響しと思われます。

また、5日目は勢に土俵外に転落させられた際に左足首を負傷しました。

取組後に愛知県内の病院でX線検査をしましたが、幸いなことに骨には異常がなかったそうです。

怪我をかばうことで、さらに怪我をしてしまっている状態ですね。

やはり今場所はゆっくり休んだほうがよかったのかもしれません。

稀勢の里の休場は今年夏場所に続き2場所連続で3度目です。

今場所はここまで1勝4敗でした。

ゆっくり休んで完治してほしいです。

横綱・鶴竜は4日目から休場!来場所は進退をかける

横綱・鶴竜は名古屋場所4日目の7月12日から休場することを発表しました。

日本相撲協会には「右足関節外側靱帯損傷で約3週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出しました。

3日目の北勝富士との一番で右足首を痛めたそうです。

この取組ですね。

押し出された際に右足首を土俵に打ちつけています。

鶴竜は、北勝富士との取組直後に「ちょっと残ったところでね。骨ではない。帰って冷やせば大丈夫だと思う」と話していましたが、靭帯を損傷していたようです。

今場所は、3日目まで2勝1敗でした。

鶴竜の休場は2場所連続7度目で14年春場所の横綱昇進後では6度目です。

2017年初場所も11日目から休場(5勝5敗)、夏場所は左足関節を痛めて5日目から休場(1勝3敗)しています。

なんと今年の4場所中3場所で皆勤できていない状態なので、世間も黙っていませんよね。

師匠の井筒親方は「次に出場した場合、もう途中休場はない。駄目なら潔く(引退を)決断する。」とコメントし、鶴竜が次に出場する場所で進退を懸ける事を明言しました。

大関・照ノ富士はなぜ休場するの?

大関・照ノ富士関は左膝半月板損傷で全治約7週間と診断され、14日に休場を届けました。

5月の夏場所後に古傷の左膝の内視鏡手術を受けましたが、休場となってしまいました。

照ノ富士の休場は昨年初場所以来、通算2度目です。

今場所は5日目まで1勝4敗と不振でした。

前頭・遠藤は5日目から休場!

人気力士・遠藤は名古屋場所5日目の7月13日から休場することを発表しました。

日本相撲協会に「左足関節靱帯(じんたい)損傷、足関節内骨軟骨遊離体ありのため、2か月の見込みで通院治療を要する」との診断書を提出しました。

4月に痛めた左足首の状態が悪化したようです。

今場所2日目からは左足首にテーピングして土俵にあがっていました。

今場所は、4日目まで2勝2敗でした。

遠藤の休場は16年の初場所以来4度目です。

今場所から金色の締め込みにして、心機一転したところだったのに残念ですね。

以上、『平成29年名古屋場所(2017年7月場所)の休場力士一覧!横綱・鶴竜、遠藤が休場!』でした!

↓ランキングに参加中です!
現在「相撲部門」で5位争い中です!
2位になって喜んでいたらいつの間にか下がっていました…。クリックお願いします!

相撲 ブログランキングへ







 - 休場力士 , , ,