ビッグバナー広告

通算勝利数1046勝の魁皇ってどんな力士?白鵬の記録更新で再注目!

シェアする



魁皇の1046勝に並ぼうとしている白鵬!

盛り上がっている平成29年大相撲名古屋場所。

今場所、一番注目されているのは横綱・白鵬が魁皇のもつ通算勝利数1046勝を更新するかどうかですよね。

白鵬のすごさはずっと見てきたので知っていますが、魁皇のことはよくしらないのでどんな力士だったのか調べてみました。

今日は魁皇について紹介していきますね。





魁皇は現在、浅香山部屋の浅香山親方!

最初に簡単に魁皇のプロフィールを紹介しますね。

四股名:魁皇 博之(かいおう ひろゆき)
現在:浅香山親方
本名:古賀 博之 (こが ひろゆき)
生年月日:1972年7月24日
出身:福岡県直方市
身長:185cm
体重:175kg
BMI:51.13
現役時所属部屋:友綱部屋
最高位:東大関
生涯戦歴:1047勝700敗158休(140場所)
引退:2011年7月

>> 魁皇の画像一覧はこちら

勝手に昭和の横綱をイメージしていましたが、実際は10年ほど前まで現役だった大関でした。

まだ44歳と若いんですね。

今は、浅香山部屋の親方です。





『花の六三組』のうちの1人!

魁皇は「花の六三組(はなのろくさんぐみ)」のうちの一人です。

この「花の六三組」は、大相撲で昭和63年(1988年)3月場所に初土俵を踏んだもののうち関取となった力士の総称らしいです。

へー。知りませんでした。

魁皇のほかに、曙(第64代横綱)、貴乃花(第65代横綱)、若乃花(第66代横綱)などがいます。

すごいですね!

ただの「六三組」ではなく「花の六三組」と呼ばれる理由がわかりました!

魁皇のあれこれ

魁皇は福岡県出身です。

小学生のときに父のすすめで地元の相撲大会に出場します。

柔道部に所属していた中学生のとき、体格のよさから柔道部の顧問に相撲をすすめられ、魁皇のために「相撲部」が作られます。

地元の相撲大会に出場していた魁皇を観戦していた友綱部屋の後援者が、魁皇に声をかけたことがきっかけとなり、中学卒業後に友綱部屋に入門しました。

曙や花田兄弟のような超スピードの昇進ではありませんが、魁皇はスピード出世を果たします。

十両昇進時に、四股名を「魁皇」と改名しました。

これには、友綱親方の「頂点を極めてほしい」との希望がこめられています。

また、「皇」の文字は魁皇出身の直方市がかつて「皇方」と表記されていたことに由来しています。

素敵な四股名ですよね。
(参考:四股名とは?四股名をつけるタイミングは?

順調に大関に昇進し、大関として4度の優勝を経験し、横綱候補の1番手だった時期もありました。

しかし、怪我や精神的な脆さから途中休場を繰り返し、綱取りのチャンスをものにすることはできず、横綱になることはできませんでした。

2005年以降は怪我にも悩まされ、大関角番・角番脱出の繰り返しが続きました。

そして2011年7月場所。

千代大海と並ぶ史上1位タイの大関在位数65場所目を迎えました。

この場所では初日から3連敗しましたが、4日目で千代の富士の持つ通算1045勝に並び、5日目に通算1046勝目をあげて通算勝星の記録を更新し、単独1位になりました。

そして7日目に3勝目をあげ、通算1047勝目とします。

この7日目の勝利が現役最後の勝利となりました。





魁皇のお嫁さんはどんな人?

魁皇は大関昇進前の1999年に元女子プロレスラーでタレントの西脇充子さんと結婚しています。

>>西脇充子さんの画像一覧

美人プロレスラーとして活躍していた西脇さんですが、22歳でプロレスを引退し、タレントに転向します。

タレント活動していた西脇さんは一時期病気で入院しており、退院祝いの合コンで魁皇と出会ったそうです。

ちなみに当時の魁皇は、現役の力士の中では高見盛を凌ぐほどの、一番人気の高い力士だったようです。

出会って3ヶ月で二人は結婚します。

魁皇は上でも書いたとおり、大関時代はケガに悩まされます。

そんなときにバッシングを受けたのは奥さんである西脇さんでした。

西脇さんは体調管理方法を学び、専用のマッサージ師をさがしたりと魁皇のために奮闘します。

内助の功もあり、魁皇は通算1047勝もあげることができたのですね。

魁皇は現在、浅香山部屋の浅香山親方!

現役引退後、魁皇は友綱部屋の部屋付き親方となり、2014年に浅香山(あさかやま)部屋を設立しました。

浅賀山部屋は伊勢ヶ濱一門に所属しています。
 (参照 >> 相撲部屋とは?一門ってなに?

浅香山部屋は、両国駅のお隣、錦糸町駅から徒歩10分ほどのところにあります。

この浅香山部屋については次回詳しく書きますね!

JR特急列車の「かいおう」は魁皇からつけられていた!

魁皇は福岡県の出身で、九州でとくに大人気でした。

地元である九州場所での声援はすごかったようです。

魁皇の出身・福岡県直方市では魁皇が勝利した場合、取り組みが終わった直後に花火が打ち上げられていたほど地元に愛された力士でした。

そして!なんと!

2001年から福岡で走っているJR特急列車の「かいおう」は魁皇が名前の由来となっているそうです!

これはびっくりしました!

JRは、故人を含めても人名に由来する列車名は珍しく、存命中の方の名前が列車名に採用されたのは「かいおう」のほかに例がないそうです!

この特急列車「かいおう」の出発式には魁皇本人も出席し、テープカットも行ったようです。

すごいですね。

以上、『通算勝利数1046勝の魁皇ってどんな力士?白鵬の記録更新で再注目!』でした!



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク