相撲についていっしょに学ぼう!

*

2017年9月場所(秋場所)の休場力士一覧!3横綱に続き高安・宇良も…

      2017/09/21

平成29年9月場所の休場力士一覧

平成29年9月場所(秋場所)の休場力士をまとめました。
※最終更新 9月21日

▽幕内

・白鵬(東横綱)(宮城野部屋)初日~
・稀勢の里(東横綱)(田子ノ浦部屋)初日~
・鶴竜(西横綱)(井筒部屋)初日~
・高安(東大関)(田子ノ浦部屋)三日目~
・照ノ富士(東大関)(伊勢ケ浜部屋)六日目~
・碧山(西前頭・二枚目)(春日野部屋)初日~七日目
・宇良(西前頭・四枚目)(木瀬部屋)三日目~
・佐田の海(西前頭・十二枚目)(境川部屋)初日~五日目

平成29年9月7日に稀勢の里、鶴竜の2横綱の欠場が発表されました。
初日から2横綱が休むのは、若乃花と曙が全休した1999年九州場所以来です。

そして、9月8日に白鵬の休場も発表されました。
異例の3横綱の休場となりました。

さらに、9月12日に高安・宇良も休場することが発表されました。

大会6日目からはカド番の大関・照ノ富士も休場します。
3横綱、2大関の休場は1918年(大正7年)の夏場所以来、実に99年ぶりとなりました。

詳しい内容は、後述しています。





▽幕下

・力真(東・六枚目)(立浪部屋)初日~
・霧馬山(西・十四枚目)(陸奥部屋)三日目~
・肥後ノ城(西・十九枚目)(木瀬部屋)七日目~
・佐々木山(西・二十二枚目)(木瀬部屋)三日目~
・双大竜(東・二十六枚目)(時津風部屋)十一日目~
・若隆元(西・四十枚目)(荒汐部屋)五日目~
・翔天狼(西・四十一枚目)(藤島部屋)初日~
 

▽三段目

 
・舛東欧(西・筆頭)(千賀ノ浦部屋)九日目~
・大雷童(東・三枚目)(高田川部屋)七日目~
・琴林(東・二十四枚目)(佐渡ヶ嶽部屋)初日~
・濱栄光(西・二十五枚目)(尾上部屋)十一日目~
・神嶽(西・四十一枚目)(大嶽部屋)初日~
・海士錦(西・四十三枚目)(八角部屋)初日~
・朱雀(西・四十六枚目)(八角部屋)初日~
・栃乃島(東・五十七枚目)(春日野部屋)初日~
・末川(東・五十八枚目)(阿武松部屋)初日~
・濱湊(東・六十四枚目)(湊部屋)十一日目~
・大司(東・六十五枚目)(入間川部屋)初日~
・徳州山(東・七十一枚目)(二所ノ関部屋)初日~
・大清峰(西・七十九枚目)(芝田山部屋)初日~
・颯天(東・八十六枚目)(藤島部屋)初日~
・翼雄星(西・八十六枚目)(芝田山部屋)初日~
・鳴海(西・九十三枚目)(阿武松部屋)初日~
・光内(東・九十七枚目)(阿武松部屋)初日~
・八菅山(西・九十七枚目)(芝田山部屋)初日~
・迅風(東・百枚目)(尾車部屋)三日目~





▽序二段

・魁新丸(東・十二枚目)(浅香山部屋)七日目~
・琴宮倉(東・二十四枚目)(佐渡ヶ嶽部屋)七日目~
・海渡(東・二十五枚目)(宮城野部屋)十一日目~
・前大将(西・四十六枚目)(高田川部屋)九日目~
・謙豊(西・四十八枚目)(時津風部屋)初日~
・増山(西・八十枚目)(尾上部屋)初日~
・艶郷(西・八十二枚目)(湊部屋)三日目~
・北星界(西・九十六枚目)(山響部屋)初日~
・玉信力(東・九十八枚目)(片男波部屋)初日~

▽序ノ口

・福湊(東・三枚目)(湊部屋)初日~
・桜山(西・三枚目)(式秀部屋)初日~
・若青雲(東・四枚目)(千賀ノ浦部屋)初日~
・大一心(東・七枚目)(伊勢ヶ濱部屋)五日目~
・北勝里(東・八枚目)(八角部屋)初日~
・福田(東・十一枚目)(木瀬部屋)三日目~
・田子丸(東・十三枚目)(田子ノ浦部屋)初日~
・若井上(西・十五枚目)(二所ノ関部屋)初日~
・松岡(東・十六枚目)(東関部屋)初日~
・大志龍(東・十七枚目)(木瀬部屋)九日目~
・雲仙岳(東・二十三枚目)(境川部屋)初日~
・石原(西・二十三枚目)(二所ノ関部屋)初日~
・琴誠剛(東・二十四枚目)(佐渡ヶ嶽部屋)初日~
・鶴大輝(東・二十五枚目)(井筒部屋)初日~

横綱・稀勢の里は初日から休場

稀勢の里は春場所で痛めた左上腕と胸、名古屋場所で痛めた左足首の状態が万全でないため、秋場所を休場することになりました。

親方によると、稀勢の里より「休場させて下さい」との申し出があったそうです。

途中出場の可能性は低く、11月の九州場所での復帰を目指します。

稀勢の里の休場は通算4度目で、3場所連続の休場となりました。

休んだほうがいいと思っていたので、休場と聞いて安心しました。

来場所に期待しています。

横綱・鶴竜はなぜ欠場するの?

横綱・鶴竜は秋場所を休場することになりました。

夏場所では、「左足関節離脱性骨軟骨炎」のため休場し、手術はせず、投薬治療で完治を目指してきましたが、今場所もダメなようです。

親方に最初に痛みの訴えたのは初場所の時だったそうなので、痛みが長引いていますね。

先場所は、1勝3敗でした。

鶴竜の休場は3場所連続8度目です。

2014年夏場所に横綱に昇進したあとでは6度目となります。

よく休場していますね。

進退についても気になります。

2横綱に続き、横綱・白鵬も休場表明

9月8日に横綱・白鵬の休場も発表されました。

以前から、3横綱の休場になるのではと取り沙汰されていましたが、実際にそうなってしまいましたね。

初日から3横綱の休場は、昭和以降初めてだそうです。

白鵬は、左膝痛のため休場します。

白鵬の休場は、3月の春場所以来3場所ぶり6度目です。

秋場所は3年連続なので、秋場所との相性が悪いのかもしれませんね。

来場所は前人未到の40度目の優勝がかかっていましたが、11月の九州場所以降に持ち越しとなりました。



3横綱に続き、大関・高安も休場表明

9月12日に大関・高安の休場も発表されました。

2日目の玉鷲との取組で押し出された際に、太もも内側を痛めました。

高安は、二所ノ関審判長に「肉離れです。靭帯は切れていません。」と答えたそうです。

高安の休場は2015年秋場所で途中休場して以来2度目です。

今場所は3横綱の休場で初優勝のチャンスだっただけに残念ですね。

宇良も右膝悪化で休場表明

9月12日に宇良の休場も発表されました。

2日目の貴景勝との取組で右膝をひねるような形で背中から落ちてしまいました。

7月の名古屋場所で痛めた右膝が悪化した模様です。

土俵下から動けなかったので車椅子で移動しました。

宇良の休場は2015年春場所の初土俵以来初めてです。

悔しいでしょうね。

はやく治りますように。

カド番大関・照ノ富士も休場発表

大関の照ノ富士も大会6日目から休場することが発表されました。

大会5日目の松鳳山との一戦で、古傷の左膝を再び痛めました。

照ノ富士は、7月の名古屋場所も途中休場しており、今場所カド番なので、このまま休場し続ければ、大関陥落になります。

今場所はここまで1勝4敗でした。

↓ランキングに参加中です!
現在「相撲部門」で5位争い中です!
2位になって喜んでいたらいつの間にか下がっていました…。クリックお願いします!

相撲 ブログランキングへ





 - 休場力士 , , , ,