ビッグバナー広告

マゲの大銀杏(おおいちょう)はどんな髪型?マツコさんが結って話題に!

シェアする

マゲの大銀杏(おおいちょう)はどんな髪型

マツコ・デラックスさんが9月27日に放送されたテレビ朝日の『マツコ&有吉 かりそめ天国』で力士姿を披露し、話題になりました。

マツコ・デラックスさんがテレビで力士姿を披露! マツコ・デラックスさんがテレビで力士姿を披露することになり、放送前からネットで話題となって...

この番組で、マツコさんは以前より夢であった「大銀杏(おおいちょう)」を床山さんに結ってもらいます。

「大銀杏」ってたまに聞きますが、どんな髪型なんでしょうか?

今日は知っているようで知らない「マゲ」や「大銀杏」について紹介していきますね。



力士と「マゲ」について

力士の「マゲ」は明治維新の断髪令の際に唯一断髪を免れたほど神聖なものとされています。

「マゲ」を結うと力士の気持ちは引き締まります。

また、取組の際にこの髪型が頭を守ってくれるともいわれています。

頭を守る働きもあったんですね。

マゲの種類は2種類!

力士のマゲの種類は2種類です。

「ちょんまげ」と「大銀杏(おおいちょう)」です。

「ちょんまげ」は相撲以外でも時代劇などでよく見たり聞いたりしますが、「大銀杏」は相撲以外で目にすることはありませんよね。

「大銀杏(おおいちょう)」ってなに?

上でも紹介しましたが、「大銀杏(おおいちょう)」は力士が結うマゲの一種です。

髷(マゲ)の上の部分が、「銀杏(いちょう)」の葉の形に似ている髪形を「大銀杏(おおいちょう)」と名づけられました。

文字で紹介するより、画像を見るほうがわかりやすいですよね。

わかりやすい画像が見つからなかったので、コスプレのカツラで失礼します。

↓銀杏の葉

言われてみれば、大銀杏の上の部分はイチョウの葉の形のように、まげの先が広がっていますね。

髪の量が多い力士は大銀杏が結いづらいので、てっぺんを剃るそうです。

1953年に活躍していた力士・栃錦も髪が多かったので、てっぺんを剃っていたのですが、取り組み中にマゲが解けてざんばら頭になり、剃った頭があらわになったことがあるそうです。

観客はびっくりしたでしょうね。






大銀杏と丁髷(ちょんまげ)の違いはどこ?

丁髷(ちょんまげ)は、大銀杏以外の力士の髷のことを言います。

もともと丁髷の漢字は、ちょんまげの形から、「ゝ髷」と書いていたそうです。

踊り字の「ゝ」は「チョン」と読み、その後当て字で「丁髷」に変わったようです。

大銀杏は誰でも結っていいの?

力士といえば、大銀杏をイメージする人も多いかもしれませんが、全力士が結っていいわけではありません。

大銀杏は力士のうち十両以上の力士(=関取)しか結うことができません。

十両ってなに?って方は下のリンク先をご覧ください。

あなたは番付(「横綱」とか「大関」とかです)をご存知ですか? 私ですか? ちょっと待ってくださいよ… 上から順に「横綱」「...

本来は、十両以上しか結うことが許されていませんが、特別なときは、幕下以下の力士も大銀杏を結えます。

それは、十両との取組がある場合や、弓取式、巡業時の初切、床山の練習台、及び断髪式を行うときです。

十両以上の力士は毎日「大銀杏」を結ってもいいの?

十両以上の力士(=関取)であっても、「大銀杏」は毎日結ってはいけません。

関取でも「大銀杏」は正式なときにのみ結うものとされており、稽古時など普段の髪形は丁髷(ちょんまげ)です。

取組はもちろん正式なときに該当するので、原則として関取は取組を行う際には、「大銀杏」を結って土俵に上がることが義務付けられています。

ハゲている人はどうするのだろうと疑問に思いましたが、ハゲている人でもサイドや後ろの髪は残っているそうなので、その毛をかき集めて床山さんが髷を作ってくれるそうです。

「大銀杏」の結い方は?

大銀杏の結い方の動画を見つけました。

見事な大銀杏ですね。

マツコさんの「大銀杏」はどんな感じ?

マツコさんが「大銀杏」を結った姿、気になりますよね。

右側がマツコさんです。

力士は髪を洗わない!?

力士は3日から1週間に一度ぐらいしか髪を洗わないそうです。

臭くなるのでは?と思いますが、床山が毎日油をつけて、くしでとかしてくれるので、臭いもかゆみもないようです。

この力士がつけている油のことを「びんづけ油」と言い、とてもいい香りがするらしいです。

一度でいいので嗅いでみたいものです。

髪の洗い方ですが、まず髪についている「びんづけ油」を落とすために、しばらく熱湯に髪を浸します。

その後、シャンプーをします。

熱湯に髪をつけるなんて大変ですね。

まとめ

・力士のマゲは「大銀杏」と「ちょんまげ」の2種類
・力士の「大銀杏」は、銀杏の形に似ていることから命名された。
・「大銀杏」を結うことができるのは、十両以上の力士(=関取)のみ。
・特別なときは十両以下でも「大銀杏」を結うことができる。
・関取は取組の際には、大銀杏を結わなくてはいけない。

以上、『マゲの大銀杏ってなに?マツコさんが結って話題に!』でした。



↓ランキングに参加中です!
現在「相撲部門」で5位争い中です!
2位になって喜んでいたらいつの間にか下がっていました…。クリックお願いします!

相撲 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク