ビッグバナー広告

力士の秘密道具「明け荷」ってなに?巨大なつづらに入れているものをご紹介!

シェアする

力士の秘密道具・明け荷(あけに)をご存知ですか?

私は、Twitterで炎鵬さんが「明け荷」を担いでいる画像を見て存在を知りました。

今日は、「明け荷」について紹介していきますね!!

「明け荷」ってなに?

「明け荷」とは、力士の締込(しめこみ)や化粧廻しなど、本場所や巡業で必要なものを入れて持ち運ぶために使う、葛籠(つづら)のことです。

葛籠(つづら)と聞いて、真っ先に昔話の「舌切り雀」を思い出しました。

葛籠(つづら)とは、簡単に説明すると竹で編んだ蓋つきの籠(かご)のことです。

竹で編んでいるので、通気性に富んでいます。

また、表面に塗る漆や柿渋には抗菌・防虫・防腐作用があるので、大切な衣類を保存するのに最適であるといわれています。

だから力士は大切な締込や化粧廻しを「明け荷」に保存するのですね。

現在、「明け荷」を制作しているのは、京都の「渡辺商店」さんだけだそうです。

約100本の竹で編みこまれ、緑と朱色の漆で塗装された「明け荷」は日本の伝統工芸品ですね。






「明け荷」の大きさと重さは?

炎鵬さんが担いでいる写真を見ると、とても大きくて重そうな箱だと伝わってきますよね。

明け荷のサイズは約縦40㎝、横80㎝、深さ30㎝で、中身が入ると、重さは約10㎏だそうです。

10kgをひょいひょいと持ち上げるなんてさすが力士ですね。

「明け荷」のデザインについて

「明け荷」は側面に四股名が彫られています。

四股名は左から順に書かれています。

「明け荷」は自分で買うの?

明け荷は、同期生や後援者から贈られることが多いそうです。

明け荷をもらうことで「関取」になったなと実感する力士もいそうですね。

もし、関取になって「明け荷」を手に入れても、幕下に陥落したら「明け荷」を使用できなくなります。

横綱は「明け荷」をいっぱい持っている!?

横綱は明け荷を3個使用しているそうですよ。

横綱は三つ揃いの廻しがあるので、明け荷が三つ必要なんですね。

『横綱・稀勢の里が横綱昇進披露宴で漫画「北斗の拳」の「三つぞろい」の化粧まわしを披露しました。』 というニュースを目にしました。 え...

明け荷の数も横綱級ですね。

「明け荷」はもともとは「開け荷」だった!

もともとは、「開け荷」とも書いていましたが、縁起から「明」の文字を使うようになりました。

以上、『力士の秘密道具「明け荷」ってなに?巨大なつづらに入れているものをご紹介!』でした!



↓ランキングに参加してます!
現在「相撲部門」で3位争い中です!クリックお願いします!

相撲 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク