ビッグバナー広告

横綱・日馬富士の貴ノ岩への暴行疑惑を時系列でまとめました

シェアする

横綱・日馬富士、貴ノ岩への暴行疑惑を認め謝罪

悲しいニュースです。

貴ノ花部屋の東前頭8枚目の貴ノ岩が今場所休場していますが、その休場理由が横綱・日馬富士に暴行されて怪我をしているからだと報じられました。

2017年九州場所(11月場所)休場力士一覧! 平成29年11月場所(秋場所)の休場力士をまとめました。 ※最終更新 11月21日 ...

日馬富士は報道を受けて貴ノ岩への暴行疑惑を認め、謝罪しました。

今日は、日馬富士の貴ノ岩への暴行疑惑を時系列でまとめました。



暴行疑惑を時系列でまとめました

10月25日夜から26日未明

鳥取で行われた秋巡業後の打ち出しの後、日馬富士は後輩のモンゴル出身力士を集め宴席を持つ。

その席にモンゴル出身の貴ノ岩も同席。

貴ノ岩は酔った日馬富士から兄弟子に対するあいさつが足りないなどと注意をうける。

その時、着物の帯に差していた貴ノ岩のスマートフォンが鳴った。

貴ノ岩がスマートフォンを取り出し、一瞬チラリと見るしぐさをしたので、怒りを爆発させた。

日馬富士がテーブルのビール瓶で、近くに座っていた貴ノ岩の頭部を殴打。

「人が話をしている時に…」と激怒し、血を流して倒れた相手にのし掛かるようにしながら、素手で殴打を繰り返した。

カラオケのマイクや曲を入れる端末機、灰皿まで振り上げたという情報もある。

日馬富士の同部屋の後輩、照ノ富士も数発食らい、止めに入った白鵬を突き飛ばし、後輩横綱の鶴竜に「お前がしっかり指導しないからだ」とかみついた。

隣の部屋にいた、ある力士の付け人は「ガラスが割れる音がして慌てて見に行ったら(貴ノ岩が)血だらけで倒れていた」と証言。

逸ノ城は「自分は(現場に)いなかったから分からない」「(暴行を)今朝のニュースを見て知った」と同席を否定した。

10月26日

鳥取巡業に日馬富士、貴ノ岩どちらも参加。
日馬富士と貴ノ岩が握手をしており、それを見ている力士もいる。(15日放送のフジテレビ系「とくダネ!」の相撲取材歴30年の横野レイコリポーターの話)

巡業後、力士一行は松江市へ移動。

10月29日

広島・福山市での最後の秋巡業後、巡業部長の貴乃花親方が鳥取へ行き、鳥取県警へ被害届提出。

被害届については協会側に報告せず。

11月2日

貴ノ岩、貴乃花親方や貴景勝らと九州場所の宿舎を構える福岡県田川市の二場公人市長を表敬訪問。

「2桁勝利を目指します」と意気込みを語り笑顔を見せる場面もあったが、このあと体調が急変。

>>表敬訪問したときの写真

協会側、鳥取県警から連絡があり、はじめて事件について知る。

11月3日

鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)が伊勢ケ浜親方、貴乃花親方に電話で事情を聴く。
どちらの親方も「分からない」との趣旨の返答。

11月5日~11月9日

貴ノ岩、福岡市内の病院に入院。

11月11日

臨時理事会の開催。暴行疑惑については話題にも上らなかった。

前日までに電話で謝罪したという伊勢ケ浜親方が、貴乃花親方に再び謝罪。





11月12日

平成29年秋場所初日。

横綱・日馬富士は出場、貴ノ岩はケガのため休場。

11月13日

貴ノ岩が相撲協会に「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」という9日付の診断書を提出。

>>診断書の写真

日馬富士は、貴景勝に敗れる。
貴景勝との取組後に貴ノ岩のケガについて聞かれると無言で苦笑いし、引きつったような表情で迎えの車に乗り込む。

11月14日

8:00

日馬富士、太宰府市の伊勢ケ浜部屋の稽古場に姿を見せる。

暴行疑惑について「稽古が終わった後に言う」「どっか(報道)に出たの?」。

記事を見せられて「怖いな」と言う。

9:50

日馬富士、稽古後に報道陣に対応。

「貴ノ岩のケガについて、貴乃花親方、貴乃花部屋の後援会の関係者の皆さま、相撲協会、そして、うちの(伊勢ケ浜)親方に大変迷惑を掛けたことを深くおわび申し上げます」と認め、謝罪。

ただ、親方が不在だからと詳細は語らず。

九州場所の休場を届け出た。

11:50

伊勢ヶ浜親方と2人で貴ノ部屋部屋を訪ねたが貴乃花親方とは話せず。

日馬富士の親方として再注目されている伊勢ヶ浜親方 横綱・日馬富士が貴ノ岩(貴ノ花部屋)をお酒の席でビール瓶などで殴り、怪我を負わせたとして...

日本相撲協会は午前に幹部を招集し、福岡国際センターで緊急会合を開催。

会合では、対応を協議したほか、伊勢ケ浜親方らから事情聴取も行った。

春日野広報部長によれば、理事長の指示で協会内の危機管理委員会を招集。

外部理事を含め10人程度で調査を開始するとした。

ただ、日馬富士に対する処分や調査結果は九州場所中に出ず、事実関係が判明するまで先送りされる見通し。

貴ノ岩のケガについて

診断書によれば、状態が安定すれば復帰も可能とされていますが、頭ですから無理は絶対にしないで欲しいです。

現在は東前頭8枚目の貴ノ岩ですが、全休となれば来年1月の初場所は十両に転落すると思われます。

暴行が事実とすれば、こんなことで十両に転落するのはかわいそうです。





日馬富士の今後について

横綱審議委員会の内規には、横綱は力量、品格ともに抜群でなければならないとあります。

横綱引退になるのではないでしょうか。

がけっぷちの3横綱 鶴竜、日馬富士、稀勢の里の3横綱が11月場所を休場しています。 鶴竜と稀勢の里は度重なる休場、日馬富士は貴ノ岩へ...

日馬富士は以前から暴力的だった?

日馬富士は以前から暴力的であったと今回報じられています。

日馬富士は、三役時代に稽古場にあった板で若い衆の頭を殴り、稽古を見ていた親方衆から止められたこともあったそうです。

広がる失望

2007年に時津風部屋の力士暴行死事件が起きて以降、相撲界は再発防止に取り組み、もうクリーンになったのかと思っていましたが、そんなことはなかったようですね。

ネットでも失望の声があがっています。

また何か判明したら更新します。

以上、『横綱・日馬富士の貴ノ岩への暴行疑惑を時系列でまとめました』でした

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク