ビッグバナー広告

相撲は1場所に何日間あるの?千秋楽・中日は何日目のこと?

シェアする

相撲は1場所に何日間あるの?

暴行問題や貴乃花親方の理事選など相撲について目にする機会が多いですよね。

そういえば、相撲って1場所に何日やってるんだろうと疑問に思ったので今日は「相撲の取組日数」について紹介していきますね。





1場所15日!

相撲は1場所15日間行われます。

場所ってなんだよ!って方はこちらをご覧ください。

大相撲は年間何場所ある? 19年ぶりの日本出身横綱が誕生したこともあり、相撲についてテレビや新聞、ネットで目にする機会が増えていますよね。...

相撲は年間6場所行われるので、1年間に行われる相撲の日数は、

15日 × 6場所 = 90日

より、90日間ですね。

90 ÷ 365 = 0.246…

年間でみると4日に1日闘っていることになりますね。

多いような少ないような…

プロ野球だと年間で約150試合あります。

これに比べるとだいぶ少ないですね。

ただし、巡業日数は年々増えており、2017年の巡業日数は計78日でした。

この巡業日数の増加が力士の怪我にも繋がっているのではとの声があがりはじめています。

千秋楽と中日ってなに?

千秋楽(せんしゅうらく)って相撲以外でもお芝居とかで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

千秋楽とは最終日を指します。

また、1日目は初日、8日目はちょうどまんなかなので中日(なかび)と言います。

なので、相撲の15日間はこのように呼ばれています。

日数 呼び方
一日目 初日
二日目 二日目
三日目 三日目
四日目 四日目
五日目 五日目
六日目 六日目
七日目 七日目
八日目 中日
九日目 九日目
十日目 十日目
十一日目 十一日目
十二日目 十二日目
十三日目 十三日目
十四日目 十四日目
十五日目 千秋楽

どの場所も初日(一日目)は日曜日です。

ですので、中日(八日目)も日曜日、千秋楽(十五日目)も日曜日です。





まとめ

・相撲は1場所に15日間ある
・八日目は中日、最終日は千秋楽という

以上、『相撲は1場所に何日間あるの?千秋楽・中日は何日目のこと?』でした!

↓ランキングに参加してます!
現在「相撲部門」で3位争い中です!クリックお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク