ビッグバナー広告

2018年11月場所の休場力士一覧!稀勢の里も休場発表!

シェアする

平成30年11月場所の休場力士一覧

平成30年11月場所の休場力士をまとめました。
※最終更新 11月19日





▽幕内

・白鵬  (横綱) (宮城野部屋) 初日~
・鶴竜  (横綱) (井筒部屋)  初日~
・稀勢の里(横綱) (田子ノ浦部屋)5日目~
・魁聖  (西小結)(友綱部屋)  初日~二日目

休場理由は後述します。





▽幕下

・大元 (東幕下四十二枚目)(入間川部屋)初日~
・武蔵國(西幕下五十三枚目)(武蔵川部屋)初日~二日目
・神嶽 (東幕下六十枚目) (大嶽部屋) 三日目~

▽三段目

・桜児竜 (西三段目十枚目)  (境川部屋)  初日~
・村田   (西三段目十二枚目) (高砂部屋)  初日~
・照ノ富士(西三段目二十七枚目)(伊勢ヶ濱部屋)初日~
・福轟力 (西三段目二十八枚目)(荒汐部屋)  初日~
・天風  (西三段目二十九枚目)(尾車部屋)  初日~
・雲仙岳 (西三段目六十九枚目)(境川部屋)  初日~
・津軽海 (西三段目八十六枚目)(玉ノ井部屋) 初日~
・蓮台山 (西三段目八十八枚目)(木瀬部屋)  初日~
・北勝旺 (西三段目九十三枚目)(八角部屋)  五日目~

▽序二段

・中西 (東序二段二十枚目) (境川部屋)   初日~
・中谷 (西序二段二十二枚目)(陸奥部屋)   初日~
・迅風 (西序二段二十五枚目)(尾車部屋)   初日~
・北東龍(東序二段二十九枚目)(玉ノ井部屋)  七日目~
・欧翔山(西序二段三十八枚目)(鳴戸部屋)   三日目~
・舛天隆(東序二段四十五枚目)(千賀ノ浦部屋) 初日~
・松山 (西序二段五十三枚目)(出羽海部屋)  初日~
・琴隅田(西序二段六十一枚目)(佐渡ヶ嶽部屋) 三日目~
・大清峰(西序二段七十二枚目)(芝田山部屋)  初日~
・照ノ花(西序二段八十八枚目)(伊勢ヶ濱部屋) 初日~
・葉梨 (西序二段九十四枚目)(武蔵川部屋)   初日~
・藪岡 (東序二段百枚目)  (二子山部屋)  初日~
・大国旭(西序二段百六枚目) (中川部屋)   初日~

▽序ノ口

・畠山  (西序ノ口七枚目)  (尾上部屋)  初日~
・北の峰 (西序ノ口九枚目)  (八角部屋)  初日~
・井口  (東序ノ口十枚目)  (玉ノ井部屋) 初日~
・肥後光 (西序ノ口十六枚目) (木瀬部屋)  初日~
・隆ノ竜 (西序ノ口二十二枚目)(千賀ノ浦部屋)初日~
・千代青梅(東序ノ口二十五枚目)(九重部屋)  初日~
・山中  (西序ノ口二十五枚目)(式秀部屋)  初日~
・龍雅  (西序ノ口二十七枚目)(錦戸部屋)  初日~
・渡部  (東序ノ口二十九枚目)(尾車部屋)  初日~





横綱・稀勢の里も休場発表!

四連敗していた横綱・稀勢の里も休場することを発表しました。

横綱昇進後11場所で、休場は9度目(途中休場は5度)です。

休場理由はまだ発表されていませんが、どこかケガしていることにするんでしょうね。

今日出場しても5連敗になりそうだから仕方ありませんね。

このまま引退するのでしょうか。

4連敗して休場することを表明した稀勢の里。引退が近いのではとの声があがっていますが、引退するのでしょうか。引退条件について解説いたします。

横綱・白鵬はなぜ休場する?

横綱・白鵬が11月場所を休場することが発表されました。

白鵬の休場は今年の名古屋場所以来で通算10度目です。

今年に入り6場所中4度目の休場となりました。

さすがに休場しすぎですよね。

稀勢の里と比べると多くないような気もしてきますが、休んでばかりの横綱はどうなんでしょう。

白鵬は秋場所を全勝して41回目の優勝を果たしましたが、以前から痛めていた右膝痛が悪化してしまい、今回の休場となりました。

10月18日に、右膝の骨片・遊離軟骨・右足首の遊離軟骨を除去する手術を受けた白鵬。

日に日に回復はしていたようですが、11月場所には間に合わなかったようです。

横綱・鶴竜はなぜ休場する?

横綱・鶴竜が11月9日に九州場所を休場することを発表しました。

師匠の井筒親方によると、鶴竜は福岡入り後も九州場所に向けて出稽古をこなしていましたが、古傷を抱えた右足首の痛みが悪化して、休場することを決めたそうです。

病院では、「右距踵関節損傷で約2週間の安静加療を要する見込み」と診断されました。

鶴竜の休場は名古屋場所以来2場所ぶりです。

年間最多勝争いで大関・栃ノ心と並び51勝でトップでしたが、初の1位は難しくなりました。

今場所出場する横綱は稀勢の里だけになりました。

小結・魁聖はなぜ休場する?

小結・魁聖の休場が11月9日に発表されました。

魁聖は「左腓腹(ひふく)筋内側の肉離れ」でともに約2週間の安静加療を要する見込みと診断されての休場となりました。

師匠の友綱親方(元関脇旭天鵬)は、「肉離れだが内出血はしていない。3日くらい休んだら出てくる」と説明しました。

魁聖の休場は、昨年の春場所以来2度目です。 

※追記(2018.11.13)
三日目から出場することが発表されました。

親方の説明どおりでしたね。

↓ランキングに参加中です!
現在「相撲部門」で5位争い中です!
2位になって喜んでいたらいつの間にか下がっていました…。クリックお願いします!

相撲 ブログランキングへ

スポンサーリンク