ビッグバナー広告

相撲の「金星」の意味とは?手当ての金額はいくら?

シェアする

金星がいっぱい出てる平成30年大相撲初場所!

平成30年大相撲初場所が開幕しましたね。

横綱・稀勢の里が3日連続で金星を配給し、六日目から休場することになりました。

「金星」を獲得すると、ニュースでも取り上げられますが、「金星」はどんなときに獲得できるのでしょうか?

また、「金星」を獲った際の手当ての金額はいくらなのか?について紹介していきますね。





「金星」ってなに?

「金星」とは、大相撲で、平幕(=「前頭」)の力士が横綱と取組をして勝利することです。

三役以上(小結以上)が横綱に勝っても金星にはならず、普通に白星と呼ばれます。

平幕、三役や小結がわからないかたはこちらをご覧ください。

あなたは番付(「横綱」とか「大関」とかです)をご存知ですか? 私ですか? ちょっと待ってくださいよ… 上から順に「横綱」「...

今場所、白鵬と稀勢の里から2日連続で金星をあげた嘉風は「前頭」です。

稀勢の里に勝ったことで嘉風の通算獲得金星は8個となり、現役最多の安美錦に並びました。

「前頭」の一つ下の番付である「十両」の力士が横綱に勝ったら「大金星」なの?と疑問に思ったかもしれませんが、それは違います。

十両と横綱は対戦する事がないので、「金星」をあげることができません。

十両は十両で優勝争いするので、どれだけ星を伸ばしていても横綱とあたることはありませんし、過去にもありません。

「大金星」は、明らかに勝てないと思えた相手に勝利した場合に使います。

今回はどこの報道会社も「大金星」という単語を使っていないので、明らかに勝てない相手ではなかったということですね。

「金星」をあげると”座布団”が投げられる?

相撲を観ていると、たまに座布団が舞いますよね。

あれ、「座布団の舞」と言うそうですよ。

昔は「金星」になったときのみ観客が座布団を投げていたそうですが、最近は「金星」のときだけでなく三役級(小結、関脇、大関)の力士が横綱を破った時であっても投げられる場合もあります。

また、横綱同士の時や名勝負と呼ばれる取組でも投げられていますね。

座布団を投げると前の座席の人にぶつかったりして怪我をする恐れもあるため、最近は自粛を呼びかけるアナウンスがされているようです。

平成29年大相撲名古屋場所11日目の観覧席に浅田真央さん! 平成29年大相撲名古屋場所11日目(平成29年7月19日)。 テレビ中継...





「金星」の手当ての金額はいくらくらい?

「金星」の座布団よりも気になるのは、「金星」のときにもらえる手当ての金額についてですよね。

金星は報奨金の特別加算となります。

金星を1回取ると10円の加算となります。

この金額の4000倍した金額が本場所ごとに年6回支給されます。

つまり、10円×4000倍×年6場所=24万円/1年。

1年間で24万円増えるのは大きいですよね。

この金額が、引退するまで給与に加算されることになります。

うらやましくなってきました。

嘉風は通算8個の金星をあげているので、

24万円×8個=192万円/年

となり、金星の給与だけで引退するまで毎年192万円もらえます。

もちろん、この特別加算以外にも金星を挙げたときの懸賞金がもらえます。

平成29年初場所で2つの金星を獲った荒鷲関の懸賞金は、初金星の鶴竜戦は5本(手取り15万円)でしたが、結びだった白鵬戦では46本(138万円)手にしました。

2勝で150万円!

いいですね!

2017.07.18 追記 宇良も初金星をあげる!

平成29年名古屋場所で宇良が初金星をあげました。

横綱・日馬富士をとったりで撃破しました。

こちらがその取組です。

取組後のインタビューで号泣していますね。

見ているこちらまで泣きそうになってきました。

おめでとうございます!

まとめ


・金星は「平幕(=前頭)」が横綱に勝つこと
・金星を1つあげると年収が24万円増える
・宇良も金星をあげた

以上、『相撲の「金星」の意味とは?手当ての金額はいくら?』でした。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    座布団ん投げ入れるのは禁止されています。
    座布団の投げ入れは大変危険ですので絶対になさらないでください。

  2. 井上 より:

    すごぃですね