ビッグバナー広告

「大相撲の美」をデザイン視点で紐解いた雑誌『MdN』が発売中!

シェアする

最近はテレビや雑誌で相撲について目にする機会が増えていますね。
大相撲3月場所のチケットも発売開始早々、完売したようで相撲人気の高さが伺えます。
やはり日本人横綱が誕生したことで世間が注目しているのでしょうね。
今日は、そんな大人気の相撲を特集で取り上げた雑誌を見つけたので紹介していきますね。

まげ、土俵、まわしなど「大相撲の美」をデザイン視点で紐解いた!

1000年以上もの歴史があるといわれている相撲。
その相撲の様式美やデザイン面に着目し、それぞれの構造や現在の形に至った秘密を教えてくれるのが、今回ご紹介する雑誌です。
所作が美しいな、と思っていてもそれについて書いてある記事はなかなか無いので珍しい切り口ですよね。





特集した雑誌は月間「MdN」

相撲について取り上げたのは、月刊「MdN」という雑誌。
たまに美容院やカフェで読みますが、おもしろくてついつい読み込んでしまいます。

MdNの2017年3月号で特集されています。

特集では、5つのテーマが取り上げられています。
・力士の様式美 編
  →まわしの形/まわしの色/化粧まわし/まわしの歴史/横綱のしめ縄
  →まげの形/まげの歴史
・土俵・吊り屋根の様式美 編
  →土俵の形/土俵の歴史
  →吊り屋根の形/吊り屋根の歴史
・所作の様式美 編
  →四股/土俵上の所作/十両・幕内土俵入り/横綱土俵入り
・行司の様式美 編
  →行司の装束/行司装束の種類/行司の歴史
・相撲文字 編
  →相撲文字の形
※巻頭マンガ「ロマン相撲~宇宙の果てまで連れてって~」はしのちづこ

吊り屋根の様式美について特に読んでみたいです!
今まで気にしたこともありませんでしたが、改めて考えるとすごい構造ですよね。

相撲記事を立ち読みできるサイト

立ち読みできるページを見つけました。
下の画像をクリックしていただくと、楽天のページに飛ぶので、そこの「立ち読み」をクリックしてみてください。

最初の数ページは相撲に関係ないページですが、後半は相撲のページでしたね。
大きくしたら結構文字も読めてラッキーでした。
かわいいイラストつきなので読みやすいですね。

おもしろそうなので買っちゃいました。

相撲がいろいろなところで取り上げられると嬉しいですね。
今回の雑誌は、今までにない切り口で書かれているので、今後の相撲観戦がますます楽しくなりそうです。





まとめ

・相撲の様式美やデザイン面に着目した雑誌が発売された。
・雑誌の名前は「MdN」(2017年3月号)
・立ち読みができるサイトもある。







スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク